いっぽいっぽ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

七夕:行事を期に自分を見つめてみる

こんにちは。

やまたろうです。


今日は七夕、
「笹の葉にお願いごとをさげたり、織姫や彦星だったり、
日本人ってなんてかわいいんだろうね」
と先日、旦那さんと話しました。ほんとにかわいい風習です。


私は先日Twitterにも写真をあげましたが、
ミリオンバンブーの首(?)に無理やり願い事をさげた次第です…
た、竹だし、いいよね…いいのかな…


私たちは夫婦二人なので、あまり季節の行事を積極的に行っていませんでした。
七夕に思いをはせるのも何年ぶりだろう、という感じです。
今回あらためて七夕を意識して、
「季節の行事は、何となく過ごしてしまいがちな日常の中で、
過ぎてしまった時間の流れや今の空気、温度、そして私自身を
少し立ち止まって見つめてみる、そのためにあるのかな」
と考えました。

もちろん、日本の行事は神事、仏事が多くて、行事ひとつひとつに
大切な意味があるし、私たちをお守りくださっている大きな力みたいな、
そういったものに感謝するためのものであると思います。
でも、さらに、自分の今の状態や、前の季節の状態、1年前の状態、
数年前の状態…そういうものを確認する、いい機会でもあると思います。


心地よい暮らしを本気で考え始めてから、
そういう「区切り」「確認地点」が大事だなあと、感じます。
私のように、普段、隙があればぼおっとしているような人間は、
あっっっという間に月日が経ってしまいます。
「この1年、特に何もなかったな…何もしてないな…」と、
毎年暮れにむなしくなるものです。
それは本当に、1年通して劇的には変わっていないのかもしれないけど、
日常を区切っていけば、そこには何かしらの出来事や、心の動きや、
変化や、思考があると思います。それを自分で気に留めず、
確認せず、ただなんとなく過ぎてしまっているのが、もったいない。
せっかく日々色々なことがあり、何か気づいているかもしれないのに、
確認せずに忘れてしまうのは、もったいないですよね。
さらに、本日七夕は、堂々と自分のお願いごとについて明言できる日でもあります!

今の、私の本当に望むことってなんだろう。
どんなものがほしい、どんなものを手放したい、そんなことを続けたい…
そんなことを、短冊よろしく、横書きノートを縦にくるっとまわして、
書きつけてみるのもいいと思います。

連続する日々に、一つの基準点として、日本の行事を活用してみる。
毎月○日は振り返りの日!!なんてきちんとしたこと、私には到底できませんが、
行事が近くなると、日本中皆で「この日は○○!」と騒いでくれるので、
忘れっぽい私でも大丈夫!(笑)


七夕には、ゆっくり自分と、自分のお願いごとについて考えてみようと思ったお話でした。