いっぽいっぽ日記

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

お化粧道具はすべてココ!で、安心&身軽

こんにちは。

やまたろうです。


会社員の女性が逃れられないものの一つ、お化粧。

お化粧することで、自分に自信が持てたり、わくわくしたり、
気持ちを切り替えたり、たくさんいいこともあります。

ですが、
私のような極度のめんどくさがりの女性の方、
「化粧なんてしたくないから男に生まれればよかった…」
と思ったことは1度や2度ではないはず。私だけではないはず!!
最初にメリットは書いたけど、正直、下記のデメリットで
私の中では「化粧」のモチベーションがググッと低くなります…

・種類が膨大すぎて選べない
・作業工程が多すぎてめんどくさい
・作業パターンが多すぎてどれが正解かわからない
・朝の貴重な時間が奪われる
・汗で落ちる、脂で崩れる
・化粧直しがうまくいかない
・持ち歩かなくてはならない
・毎晩必ず落とさなくてはならない
・落とすのに専用のクレンジングがいる
・要するに「め ん ど く さ い」

ここまで一気にダダダと書いてしまえるほど、私、化粧が嫌いです。
私にとってはデメリットが多すぎます。

そんな、女子力低めの私の最近のお化粧事情です。
主に、デメリットを極力なくし、メリットを最大限感じられるよう、
努力しております。

 

○物を減らす

化粧にかける情熱は今のとこ低いので、自分なりの種類と量の定数を決めています。
一つの用途(種類)に対して、色違いなどの複数持ちはしません。
今持っている化粧品と道具は、毎日使用しています。
日によって使い分けることはしません。

現在以下のような品ぞろえです。

朝使用するもの
・下地
・リキッドファンデーション
・スポンジ
・パウダー
・パウダーブラ
・ビューラー
・マスカラ
・チーク
・チークブラシ
・アイブロウ
・アイシャドウ

化粧なおし用ポーチ
・ミスト
・UVパウダー
・リップ
・脂取り紙(←今使ってるのがなくなったらやめる予定)

道具を入れたら、なかなか多く感じます。
今の私のジャストはこれです。
紆余曲折を経て、ここ数年変わっていません。
(最初はこれ以外も持ってましたが、めんどくさくて使わないので捨てました)

適正量(妥協点)は、私は次のように考えて判断しました。
①自分の中で、安心して人前に出られる顔になるか
②毎日使うか

①番が私の中で重要だったと今気づきました。
顔の造作と肌に自信がありませんので、BBクリームのみとか、マスカラしないとかは、
ちょっとハードル高いです。自分の心の安定のために。
今はまだ、人からどう見られるか、すごく気になっているようです。
いつかは、少ない化粧品でも、自分の満足する顔になれるよう、心とお肌を鍛えたいですね。
もしくは、自分で本当にお化粧を楽しむゆとりができたら、モノを増やすのもありかもしれない。
いずれにしても、自分のために気持ちよくお化粧できるのが理想です。

下地やリキッド、パウダーは、同じものを何年も使っています。
学生時代すごいニキビで、ぼこぼこの肌がコンプレックスでした。
すぐにてかてかして化粧崩れを起こしていた私の肌を、今使っている物たちが劇的に変えてくれました。
こんなに違うのかと、本当に驚きました。
そして、お昼の化粧直しが簡単になりました。
スポンジやパウダーブラシで、さらにムラのない仕上がりになります。チークのノリも変わります。
この中に本当はアイライナーと口紅を追加したいんですが、すぐに落ちてしまいそうなので
見送っています。
口紅は色選びも難しくて手が出てないってのもあります…(だって1回買ったら全然なくならないし!)
アイライナーはうまく引く自信がありません…
①を満たせば、②は自動でひっついてきました。
仕上がりに満足し、ベストの状態ですので、毎日同じ顔になりたくなります。
なので結果的に毎日使用します。

 

○手順を減らす

「物を減らす」ことで必然的にこちらもかないます。
お化粧の手順以外にも、物一つ一つに行っている
出す、しまう、選ぶ、買う、きれいにする、といった行為も減ります。
お昼の化粧直しも、必要最低限です。

 

○移動を減らす

やめてみてすこぶる快適だったこと、それは
「化粧ポーチの持ち歩き」です!
雑誌の特集の「カバンの中身、拝見」的なページを見ると、
必ずと言っていいほど化粧ポーチが登場します。
学生時代、友達はトイレに立つとみんな化粧直ししてました。
そんなすりこみもあって、化粧ポーチ=持ち歩くもの、と当たり前に思っていました。
私は今、内勤で、仕事帰りもまっすぐ家に帰るので、カバンの中の化粧ポーチは
お昼の1回しか取り出しません。
そのためだけに毎日カバンで運ぶのめんどいな…
でも化粧直しはしたいしな…
ん?会社には自分の机があるから、そうか、ポーチ置いとけばいいんだ!と。
「置きポーチ」始めました。これが快適で。
持ち歩かなくていいだけで、こんなに気楽とは思いませんでした。
ただ、当初は朝使っているパウダーをポーチに入れ替えて使っていたので、
置きポーチにするために、化粧直し用にコンパクトタイプのおしろいを購入しました。
カバー力があり、鏡もついていて、かつUVだったので、重宝しています。
(朝使っているファンデと同じ会社のもので、肌にもあっています)

また、朝使っている一式も、引き出しや棚にバラで保管していたのをやめて、
最近ポーチにひとまとめにしました。
これは、ゆるりまいさんのブログで見て、真似しました。
出す、しまう、が楽ちんになり、全部ポーチに入っているので、
朝ポーチを出しっぱなしにしてても、夜それをポーンと定位置に移動するだけ。
楽ちんです。コンパクトで、ひっくり返したり倒したりも気にしなくてよくなりました。
そして、旅行の時に超便利です。このポーチをそのまま持ち出せばいいんですから。
あと、車の中でもお化粧できるので、
旦那さんを車で送って、その待ち時間などに車内でお化粧することもあります。

 

長くなってしまいましたが、
こんな感じで、自分にとってベストな量・手順・保管方法で、化粧のデメリットを
減らしています!
今日はそんなお化粧事情のお話でした。
せっかく女性に生まれたんだから、お化粧も楽しめるようになりたいです♪