いっぽいっぽ日記

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

【DSP】セカンドオピニオンについて話し合いました

 

 

おつかれさまです、やまたろうです。

 

この記事の続きです。

 

 

yamayamaring.hatenablog.jp

 


まずは旦那さんが話あえる精神状態かどうか確認して、比較的安定しているように見えたので、「私がセカンドオピニオンを受けたほうがいいと思っていること」を話しました。

<私が「セカオピを受けたほうがいい」と考えた理由>
・何年も通っているけど睡眠状態が改善されないこと、眠れないといっても「どうしてだろうね」と言われるだけなこと
・節目節目の薬の調整がなかったこと
・診療時間が短いこと
・治療方針について納得いく話し合いができていないこと


<セカオピについて調べたこと>
・セカオピを受けたい旨を主治医に話して紹介状が必要であること(ネット情報)
・全額自己負担であること(ネット情報)
・でも、病院の中には、紹介状がなくても受け付けてくれるところがあったこと(病院HPより)


以上の事を、簡単に話しました。セカオピのことを話しづらいなら、私が医師と話すとも伝えました。
それに対して旦那さんの意見は「今は受けない方がいい」でした。

<旦那さんが「今は受けない方がいい」と考えた理由>
障害者手帳の更新日が近い為、その書類をお願いしている。同じ時期にセカオピの書類をお願いしない方がいいかも
・自分は、今の主治医が好きである、今の状態は発症当時と比べたらよくなっている、そこまで持ってきてくれた先生だから(今の病院は2件目。最初にかかった病院は恐ろしく薬漬けでした)


といった感じでした。確かに今、手帳の更新時期でした(出ました「うっかり」w)
こうした話をする中で、旦那さんは「医師に対して、こちらからあまり質問していなかったかも。次の診察では気になることをもっと話してみる」と言っていました。
次の診療で主治医と色々話せるかどうかで、セカンドオピニオンを受けるかどうか考えてみよう。という結論を出しました。

 

私の方が、症状が悪いのでどうにかしないとと焦っていて、旦那さんの方が冷静でした…

 

私は今まで、支えているつもりで、病院や投薬に関してあまりにも旦那さん一人に任せきりでした。
ブログを始めて自分のことを振り返る時間ができて、整理する時間ができて、やっと「足りてなかった」ことに気づきました。
まだまだ気が利かないことも多いですが、今回のように夫婦で今思っていることや今後の方針を話し合う事ができて、本当に良かったです。
今回のセカオピの件は、きちんと話し合うという点では私的に満足しています。
心なしか、病気のことでお互いの考えを話し合えたことで、旦那さんもより落ち着いたような気がしました。
また、ブログやツイッターでも、愚痴聞いてもらったり、相談に乗っていただきました。本当に感謝しています。
今すぐにどうこうなる問題ではないので、焦らずじっくり考えていきます。


そろそろ私自身のADD関係の事もまとめたいなーと思っていますが、怠けちゃってなかなか更新できていません(;'∀')
あんまり頑張りすぎても私がキャパオーバーになるので、ぼちぼちやろうと思います。

 

ではまた!

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ