いっぽいっぽ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

【骨格診断】好きな服=似合う服ではない事実。好みで選んでいた手持ちの服に無理が来てます

こんにちは、やまたろうです。

お休みだった日曜日、お布団に入りながら「骨格診断とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」という本を読みました。

寝る前なので軽く全体をばらばらめくってみました。
一言でいうと、「目を背け続けていた事実を再確認した」という感じです…。

骨格診断とは

女性の骨格を3タイプに分類するものです。
「ストレート」「ウエーブ」「ナチュラル」の3つに分類されます。
診断は、私の読んだような本や、インターネット上のチェックシートを使用し、自分がどの分類の特徴を多く持っているかで判断します。
また、骨格診断を職業とされている方に診断してもらうこともできます。「骨格診断 ○○(自分の住む地域名など)」でインターネット検索をすると、近くで骨格診断をされている方を見つけることができます。

パーソナルカラー診断とは

自分に似合う色を、4タイプから判断するものです。
「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」の4つに分類されます。
診断は、骨格診断と同様に、本・インターネットでチェックシートを用いて判断することができますし、パーソナルカラー診断のプロに見てもらうこともできます。
自分の顔付近に様々な色見本をあててみて、肌がきれいに見えるか・リフトアップして見えるかなどの判断基準に沿って、4つのタイプの中からどのカラー群が最も自分に似合っているか判断します。

なぜこの本を読もうと思ったか

私は来月めでたくアラフォーの仲間入りとなります。
ここ数年で、「手持ちの服がしっくりこない」と感じることが多くなっています。

もともと、「診断」「分類」と名の付くチェックは好きなので、インターネットで、自己判断で骨格診断・パーソナルカラー診断をしたことがありました。
しかし、当時の私は、その結果が自分の好みのタイプが似合う服装と全く違うので(特に骨格診断)、積極的にこの診断の結果を受け止めようとしませんでした。

しかし、最近本当に「手持ちの服が似合わない」ことをひしひしと感じるのです。
これからは「好きだ」という気持ちだけで服を選ぶのに限界が来そうだと思いました。

自己診断は「ウエーブ」「オータム」

本をもとにざっくり診断しました。
素人判断ですが、おそらく私は「骨格:ウエーブ」「カラー:オータム(もしくはスプリング)」だと思われます。
何度やっても、昔、目を背けた結果と一緒でした…。絶望しかない。

このうちカラー診断については、自然光の中で判断していないのと、自分ではどの色が似合うのか正直わからないため、診断結果には確信が持てていません。
なので、まずは骨格診断結果について、深く考えてみることにします。

ウエーブの服が嫌い

ハッキリ言うと、ウエーブタイプに似合うとされている服が嫌いです…
ウエーブタイプが得意とするのは「シフォン・化繊・ふんわり・てろてろ」とした素材、「ツイードジャケット・ブラウス・ウエストマーク・胸下切替・クロップド丈・ミニ丈・ひざ丈」などのデザイン。
私から見て「甘い」感じのするアイテムばかりで、昔からこの手の服にはほとんどに縁がありません…

逆に、綿やシャツなどの正統派なアイテム(主にストレートの方に似合うとされている服装)、ざっくりニットやゆったりトップス(主にナチュラルの方に似合うとされている服装)は好きです。
今持っている服はこの2タイプの混在といった感じで、見事にウエーブ向けの服がありません…

20代のファッション迷走期にやたら褒められた「赤文字系」

そういえば一瞬だけ、20代後半に、「CanCam」「美人百花」「andGIRL」などのいわゆる「赤文字系」ファッションをしていた時期がありました。といっても、その時好みだったあるブランドが、低身長で下半身ぽっちゃりの私の体型をうまくカバーしてくれたため、そのブランドの服ばかり着ていたのです。それが結果的に赤文字系だっただけですが。
そのころは、着ている服をすごく褒められていました。
自分の歴代の服の中では、フリルやAライン、ミニのキュロット、胸元のリボン、ファー、ワンピースなど、ウエーブ体型に合うアイテムを多く身に着けていました。
だから、受けが良かったのでしょう…

ただ、そのブランドは若い子向けなデザインのため、30代も中盤の自分に今も似合うかどうかは謎。
好みが変わってからずいぶん長い間覗いていません。デザイナーさんも変わっちゃったしなあ。

30代、40代で着れる「ウエーブ」向けの服を探します

「引き算より足し算!」「流行りのファストファッションが最も似合う!」と言われるウエーブ。盛ってイタくないの、チープでもチープに見えないのって、20代までじゃないの???と激しく疑問に思いますが、残りの30代数年をかけて、自分で納得のいくウエーブ向けの服を見つけたいと思います。
なにしろ自分の好みとかけ離れすぎているので、まずはウエーブに似合う服が売っていそうなお店の開拓からですね…
ちょっと気が重いですが、きっと自分にしっくりくる服を着ると、日々もっと楽しくなるのではないかと思いますので、ゆっくり楽しみながら向き合っていきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村