いっぽいっぽ日記

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

何に命を削っていますか

年も明けて早々に何を言っているんだと、自分でも思います。

お久しぶりです、やまたろうです。

前回ブログを書いて、2か月くらいたっていました。
その間に西暦も変わり、季節も変わり、私も、私を取り巻く状況も変わってしまいました。

今後しばらく、感じたこととか、考えたこととか、もやっとしたものだったり、どうしようもないことだったり、そういった内容を書き留めることが多くなりそうです。

生きているうちは止まることなく命が削られていると思います。
毎日仕事してても、寝てても、悩んでても、ぼーっとしてても、
命は必ず削られています。

せっかくの命なのだから、自分のやりたいことをやりたいようにやって少しでも、自分にとって有意義な命の使い方をしたい。
とは、最近、思わなくなりました。

私がここのところ感じることは、
・自分が何に命を削っているか、時々確認すると、落ち着く
・「何に命を削りたいか」より「何に命を削られたくないか」が大切
の2点。

私が今、命を削って費やしているこの1日は、どのようなものか、ふわんと振り返ることが多くなり。
多分、そういう「命」とか言い出したら、私の場合、今までとは違う精神状態なので、いいこととは思いませんが…
それでも、それすら考えず、ひたすら目の前に繰り広げられる出来事に心とらわれているよりは、体にいいかと思います。
ぜんぜん、過去の自分よりぜんぜん、心地よく過ごせていないけど、それがいいとか悪いとか、判断することから、離れています。
あまり、よくないものだろうなとは思います。ただ、その命の削り方がどうであっても、判断しないでいると、落ち着きます。
人の過ごし方とか生き方に、いいも悪いもないよなあ。
そう思うと楽になります。

ただ、私の今の命の削り方では、私の体まで削っているので、体のことを考えたら、今より少しでも心地よく健康になれる方法を探したいとは思います。
私の勝手で、私の体を悪くすることは申し訳ない。
それで、私にできることは、「体を悪くするような命の削り方をしない」ことかなと、最近考えます。
ストレス→心→からだ という回路を短期間にダイレクトに経験しました。
自分が生きてきた中で一番、体がダメになっています。
私は自分のこと、ガンとか肥満とか骨折とか、そんなことでもない限り、体が悪くなることなんて絶対ないと思っていました。
すぐに弱音を吐いて休むので、超絶つよいハートと体の持ち主だと勘違いしていました。
過度なストレスが体を、こんなにもおかしくさせるという体験は初めてでした。
だから、「命を削っている事象」に対して振り返り、どういう命の削り方であればOKなのか、何に命を削られると体が壊れてしまうのか、観察することを心がけたいと思いました。
これは本当に人それぞれで、同じことが目の前に現れても全然とらえ方が違う。やりたいことを考えるよりまずやりたくないこと、もっというと体と心が拒否するものについては、特に自分を注意深く見ておくことが「命を大切にすること」だと感じています。

言うてしまうと当たり前に、いろんなところで言われていることですね。
当たり前だけど、肚におちるにはだいぶ時間がかかりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村