いっぽいっぽ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

糖尿病の治療(診断~1か月)

おつかれさまです、やまたろうです。

 

今日は、糖尿病と診断された旦那さんに対してどのような治療を行ってきたのか、一か月のまとめを記録します。

 

治療は注射?!食事療法? 運動はしたらダメ??

診断された直後、最初は即注射(インスリンの投与)をすすめられたそうです。でも、「痛いのはイヤ!!」と言ったら「じゃあ、新しい食事制限法があるから、かなり苦しいと思うけどそちらをやってみる?」と、食事療法をすすめられたそうです。(ここで私も診察室に呼ばれる)

食事療法を選択したからということで、そのまま管理栄養士さんの指導を受けることに。ただしこの日は旦那の体調がかなり悪かったため、その食事指導も端折られてしまいました…

必要なことだけ手短に教えてもらった感じ。(ちなみにまた今度栄養指導があります。)

それと、先生から念を押されたのが、「絶対に運動しないで」ということ。

若い人に多いらしいのですが、糖尿病と診断されると、早く改善しようとして、頑張って運動する人がいるらしいです。その気持ちはわかりますよね。はやくこの状況をよくしたいですから。

でも、運動によって急激に血糖が下がることによって、急性の合併症になるおそれがあるので、頑張らずいつも通りの生活を心がけてください、とのことでした。なにそれこわい…

なので、当分無理な運動はせず、食事療法だけで行くことに。

 

我が家は「糖質制限

管理栄養士さんが進めてくれた食事療法は、従来の「糖尿病食」とされている「カロリー制限食」ではなく糖質制限食」でした!!

これは正直助かりました。

というのも。私はすでに「糖質制限ダイエット」を行っていたからです!

2014年初め~夏にかけて、私は「糖質制限」で5キロ体重を落としました。それからは、ゆるーく主食を抜くくらいを続けていて、体重の増加はありませんでした。

「主食を抜く?じゃあどうやって食事すればいいんだああああ」って、糖質制限を知らなかったとしたら、絶対パニックになっていたと思う。なんせイレギュラーに弱いADD体質だから(笑)

糖質制限とは、ざっくりまとめると、「糖質」を含む食材を食べないようにしましょうという食事法で、お砂糖などの甘いものはもちろん、炭水化物…ごはん、パン、麺、穀物をとらないようにする食事法です。糖質を取らなければ、食後血糖が上がらないので、高血糖にならず、徐々に血糖が下がっていき、合併症の心配がなくなりますよーという感じです。

私は自分の身をもって糖質制限が体にいいことを知っていましたので、かつて旦那さんにも勧めたんですが、「主食を取らないなんて体に悪そう、非常識」「ご飯食べないなんて無理」と、受け付けられませんでした。普通はそうだと思います。だって今の栄養学では必ず主食、副菜セットですからね…

それに、旦那さんは大の甘いもの好き。甘いものを食べないなんて絶対考えられなかったのです。ご飯も麺もパンも大好き。

だから、無理強いしなかったんですが今思えば強く言っておけばよかった…!!!後悔先に立たず。

とはいえもう糖尿病になってしまったのだから、栄養士さんの指導のもと、完全に主食&甘いもの断ちです!!!!

その代わり、肉や魚、乳製品や卵や脂質はとってもオッケー!!これが助かります。マヨネーズや卵大好きなので、これ食べられないと正直きつかったと思います。

この日、人生で初めて私の信じて実行していたものが役に立ったと思えてうれしかったです(笑)

 

 

眼底検査にも行ってきました

糖尿病と診断された次の日、眼科へ検査に行ってきました。

糖尿病のなかでも特に怖い合併症…それは「失明」

高血糖が血管を傷つけ続けると、失明してしまいます。その兆候がないかどうか、検査へ行きました。怖い…

 

当日は、受付で「糖尿病なので眼の検査を行いたい」と伝えます。

私たちの行った眼科は糖尿病の治療を行っているところだったのですが、普通の眼科でも行ってもらえると思います。

 

結果は「異常なし」!!よかったです~~~。

 

また3か月後くらいに検査しに行こうと思います。定期的に受けたほうがいいようです。

 

 

 

 

頸動脈エコーをとりました

上記の失明と同じく、高血糖が血管を狭めていないか、脳こうそくなどの合併症の心配がないか検査するため、頸動脈エコーを受けました。

ここここ怖い…

 

結果は「老化は始まっているが、正常の範囲」!!

よかったです。

 

歳が歳なので血管の老化は始まっているとのこと、壁が1cm超えると危ないらしいですが、今のとこ0.7cmくらいだそうです。これ以上厚くならないように頑張りたいと思います。

 

糖質制限から1週間後の数値

初診後即糖質制限食を実行しました。

その1週間後(正確には5日後?)に病院で測定した血糖値はこちら。

 

空腹時血糖:230

 

5日しかたってないのに少し…少し下がってるYO!!

やった!!

 

ちなみに、短期間で急激に下げるのは、合併症の恐れがあるためよくないらしいです。ゆっくりゆっくり落としていくのがいいらしい。うーん、気持ちは焦るけど。

 

糖質制限から3週間後の数値

さらに食事制限を続けて、初診から3週間後に病院で測定した数値はこちら。

 

食後血糖(4時間後)180

 

 ささささがってるー!!!!(ノД`)・゜・。

やったーやったああああ

あれ、でも下がりすぎってことはない?ダイジョウブ??そこんところ先生に聞くの忘れました…

 

 

何にしろ、インスリン注射などのお薬を使わず短期間でこれだけ下げることができたので良かったんじゃないかと。血糖値は200を超えると血管を傷つけだすらしいので、とりあえず体への攻撃は終わった…はず…!

 この調子でがんばりまーす。

 

番外編:タバコを吸っている人は糖尿病の治療ができない

実は、旦那さんは一年半前まで煙草を吸っていました。

実は実は、今回治療でお世話になっている先生のところで、一年半前に禁煙外来に通って、禁煙に成功していたのです。

喫煙は、糖尿病を悪化させます。治療の妨げにもなります。喫煙で血糖値が上がるからです。

だから、場合によっては「まず禁煙しないと糖尿病の治療を始められない」ということもあるらしいです。

私が糖質制限を実行していたことに加えて、ヘビースモーカーだった旦那さんが前もって禁煙を成功させていたのも、ほんとに助かりました。

 

 

こんな感じで、簡単にですが、糖尿病発覚から1か月で行った検査・治療・経過をまとめてみました。

次の1か月では、肝臓がんの検査、糖尿病教室への参加が決まっています。

次の1か月も引き続きがんばろう!

 

<br>
▼糖尿病や血糖値について、いろいろな情報が集まっています
<table><tr><td align="center"><a href="http://sick.blogmura.com/tb_entry90139.html">トラコミュ:<b>糖尿病:高血糖と上手に付き合おう!</b></a></td></tr></table>
<p></p>
<br>

▼応援していただけると嬉しいです(^^) 
<p><a href="//lifestyle.blogmura.com/comfortlife/ranking.html" target="_blank"><img src="//lifestyle.blogmura.com/comfortlife/img/comfortlife88_31.gif" alt="にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ" width="88" height="31" border="0" /></a></p>
<p></p>
▼コツコツ描いています
<a href="//illustration.blogmura.com/todayillust/ranking.html" target="_blank"><img src="//illustration.blogmura.com/todayillust/img/todayillust88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ" /></a><br /><a href="//illustration.blogmura.com/todayillust/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a>