いっぽいっぽ日記

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

忙しいのはダメ、絶対。忙しくなくなるまで、やることは絞るべきでした

最強に忙しかった今年5月~9月の仕事データを再度目にする時期になっています。

これがまあ…
しっちゃかめっちゃかです。
いえ、仕事の成果物がではなく、その後のデータの整理整頓が、です。

上司との振り返りでも、
「今年は(他の仕事が突如入ったのに)どうやったの?」と聞かれて
「記憶にありません」と答えたくらいですから当時の私は誰がどう見ても正気ではなかったと思います。

何が言いたいかっていうと、もうほんとに、「忙しいのはダメ!!!」です!
未来の自分が苦労します。
どうやってこの結論までたどり着いたかの履歴も整理されていないし、
どの仕事にどのくらいの時間を割いたのかもあいまいだし(作業時間はわかるけど、たぶん色々なものを端折ってて適正な時間データではない)、
次に向けての気づきや課題もおそらくあったはずなのに、やる事が多すぎてメモとらないまま忘れちゃってる。
何か…何か思ったはずなのに、という感覚だけが思い出されたときのモヤモヤは辛いです。

時間的にはオーバーワークではないんです。残業もそんなにしていないし。
ただそれは、その仕事に消費していい時間が厳しく決まっていたし、初めての案件で先の見えない中がむしゃらに集中したから。
あー、こんなことになるなら、多少オーバーしてももう少しゆとりを持って進めるべきだったと、反省しています。

最中にとらわれすぎて、後々のことを考えられないのは、社会人としてダメ…というかわたし自身が、なんか仕事が美しくなくて嫌です。(いやそんな特に華麗な仕事をしているわけじゃなくてひたすら地味な仕事なんですけど、そんな地味な中にも筋は通したいというか…めんどくさいな私)

一番苦手なことなんですけど、仕事は自分が忙しくないと感じるまで、周りに投げないとダメですね。
抱え込むのが簡単だし話が早いし、結局その時一番楽なんです。
でもそれだと後が悲惨。
めんどくさくても、心配でも、適切に人を巻き込んだ方がいいと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

門前仲町で人生初のつけ麺を食べました

まだまだあるある、人生初!!

仕事で東京に行きました。
せっかくだから九州にはないものを食べようってことになり、その時にいた門前仲町で食べ物屋さんを検索すると、やたらとつけ麺やさんが多いです。

考えたら私、つけ麺って食べたことないんです。
豚骨以外ラーメンと認めない文化で育ちましたから。
しょうゆラーメンおいしい。大人になって知ったこと。
汁なしラーメンは食べたことありますが豚骨味だったし…

東京ってつけ麺が名物なんですか?よくわかりませんが、この日は仕事もやったことのない未知の内容だったので、つけ麺食べて、お初を2個もゲットです。
あ、門前仲町も初めて来たから3つ!

食べログか何かでレビューの多かった店に行くと、 ちょうど満席!!
歩き回って結局駅からほど近い「双麺」さんという所に入りました。

tabelog.com

私はあたたかいつけ麺を頼みました。


店内のメニュー。スタンプを集めたら限定メニューが食べられるらしい。
錦糸町にもお店があるんですね。


来ました!
こってりとしたスープは煮干し煮干し煮干し~~~って感じで味が濃くておいしいです。
麺は太めで、普段は細麺しか食べなれていないので新鮮でした。スープが絡みます。
お腹いっぱいになりました。こりゃあ替え玉なんて要らないですね。

おまけ。

時間があったのでぶらぶらしていると、植物だらけのコーヒー屋さんがありました。
お店の人が優しかったし、なんだか東京にいるのを忘れてしまいそうな空間でした。

何だかんだ、東京はいつもわくわく楽しく過ごしています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

アマゾンでお買い物

Amazonサイバーマンデーというセールがあっていると、Twitterで知りました。

私も以前から迷っていたものなどを3点購入しました。

1つ目はシーチキン!
はてなブロガーこんつまさんが買っているのを見て、ついw

安いですね〜
思わず衝動買いしてしまいましたが、シーチキン入りの卵焼きは我が家の定番なので、必ず消費します。
食べてみて味がいつものと変わらないなら、今後はまとめ買いの定番にしようと思います。

そして、2点目はこれ。

「ごまいりこ」。
最近、夫がアーモンドフィッシュにハマっていて。
意外とお高いし、いりこの量が少ないんですよね。
しばらく、アーモンドフィッシュとミックスナッツを混ぜてたべていました。
これ、いりこだけって売ってるんじゃないの?と夫が探したところ、ありました、いりこのみ!
これとミックスナッツでしばらくもちそうです。

3つ目は、安くなっていたこちら

使っているタッパーが古くなっていましたし、うちは洗い物が水で、プラスチックだとなかなか油汚れが落ちないので、ガラス製のこちらにしました。

一番大きいサイズを1つ使っていますが、レンジもオーブンも使えて見た目もタッパーよりいいので、気に入っています。
これで洗い物も楽になって、作り置きが捗ればいいなあ。

以上、今回のAmazonでのお買い物でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

【残す?手放す?】2018年春夏購入した服は、普段用2着、仕事用4着でした

数年前までは夫婦で洋服に年間数十万を費やしていました。
それから私は「持たない暮らし」「ミニマリスト」という生き方を知って、一度「こんまり流」で洋服を一気に整理しました。
それでも、洋服が好きだったので、シーズンごとに必ず洋服を買い足していました。
ものすごく増えることはなくなったけれど、好きなものを買って、着なくなったものを減らす。満足していました。

そんな私ですが。
2018年春夏、私の買った服は、「普段着2着」「仕事用4着」の、計6着しかありませんでした。

しまむら 黒のゆったり半袖トップス

普段着です。
買った理由は明確にあります。「スキニージーンズに合わせるゆったりとしたトップスが欲しかったから」「安いから」です。
昨年、数年に及ぶ糖質制限でスキニージーンズが入るようになったので、1枚買いました。
そのときは冬で、手持ちの冬のトップスはスキニーに合わせやすいものが数着あったので着まわせていました。しかし、春夏になるとスキニーに合わせるようなトップスが1枚しかないことに気づきました。だから買いました。
デザインが気に入ったのですが、サイズがLしかありませんでした。
ビッグシルエットってことにして、生地もテロテロだから、試着して大丈夫だったこともあり、そのまま購入に至ったわけです。
この夏それなりに着ました。もともとスキニーに合わせて着るトップスがなかったので、スキニーの出番になると1/2の確率で使用していました。

でも、残念ながら持ち越しは「ナシ」です。

理由は3つあります。
まずは、「見た目」。
デザインも使い勝手もよく気に入っていますが、やはりLなので首元が少しだらしないです。
首元が広く開いているうえに、透かしのレース?のようなデザインなので、胸元の露出が多めに感じました。
私の会社は服装にはまだ寛大な方だと思いますが、TPO的に少しハラハラしながら着ていました。
2つ目は「着心地」。
涼しくテロテロして全体的には申し分なかったのですが、前述の「首元のレース」の部分が肌に当たるとちくちくしていました。
無理して着ているなぁと感じました。
3つ目は「毛羽立ち」。
着用数回で、ある部分の生地が毛羽立ったようになってしまいました。
遠目から見るとわからないです。
普段着と言いつつ通勤着でもあるので、生地が傷んでいるものは会社に着ていきたくないなと思いました。

お世話になりましたが、涼しくなったので、手放そうと思います。

しまむら 紺のギンガムチェック5分袖トップス

普段着です。
買った理由は、「なんとなく便利そう」「ついで」「安い」です。
上記の黒いトップスを買ったときに一緒に買いました。
今考えると完全に「ついで買い」で、よくありません。
買った当初は、試着もして、手持ちのスカートともパンツとも合いそうだと思いました。
こちらもサイズがなくLです。
実際着ていますが、他の服より頻度が低くなっています。

お察しの通り、持ち越しは「ナシ」です。

理由は「使用頻度が低い」から。
なぜ、使用頻度が低いのか考えました。
それは、一言でいえば「気に入っていないから」です。
前述の同じしまむらの黒トップスは、着心地などに多少の問題を抱えつつも、こちらのチェックのトップスよりは活躍しました。それは「気に入っていたから」です。
こちらのチェックのトップスは、綿でさらっとしていて、生地もまだ傷んでいません。
でも、袖を通すときや、全身を鏡で見たときに、なんというか…「布感」を感じるのです。 服というより布地という感じ、悲しいですが私にはそう感じられました。
あくまで私には合わなかったということだと思います。
やはり「ついで買い」はほぼ失敗します。

こちらも、涼しくなったので、手放そうと思います。

ナチュラルビューティーベーシック 白のシフォン半袖トップス

仕事着です。
私の言う仕事着とは、主に社外の方と会う時や、出張、会議などへの参加の時に着る服にあたります。
買った理由は、「必要に迫られて」です。
飛行機移動の出張が入り、スーツで移動なんてしたくないと思いましたが、スーツ以外できちんとした服を1着も持っていないことに気が付き、購入しました。
私は内勤中心ですので、そんなにきちんとした服を着る機会はありませんでした。
ところが、今年度に入り、しょっちゅうではないがたまに、きちんとした服を着る機会があります。
こちらのトップスはそんな時にとても助かっています。
今年の夏は特に暑かったので、かしこまった場では、きちんとしていてもある程度涼しいこのトップスをもれなく着ました。
たまに普段でも着ています。丈がちょうどよく、裾を入れずに出しっぱなしにしてもおかしくないデザインなのが気に入っています。楽ちんです。
スーツの下にも使えるので、いざという時のために買ってよかったと思っています。

ということで、使用頻度は低いですが必要なので、持ち越しは「アリ」です。
というか、このトップスを期に、普段着ももう少しきちんとした服へシフトさせてもいいかもしれないと思いました。
そういった心境の変化を与えてくれた意味でも、いい買い物をしたと思っています。

無印良品 紺の長袖カーディガン

仕事着です。
買った理由は、こちらも「必要に迫られて」です。
スーツまではいかないけどきちんと見えて楽ちんなものが欲しくて、上記のシフォントップスと同じ時期に買いました。
こちらも、きちんとした格好が必要な時に助かっています。
シフォントップスだけでは腕が出てしまうので、必ずこのカーディガンを羽織りました。
とにかく夏は暑かったので、普段着として着ることは一切ありませんでしたが、これからの季節は普段着としても使えそうです。

ということで、使用頻度は今後上がっていきそうなのと、引き続ききちんとした時に使うため、持ち越しは「アリ」です。
しかし、私はカーディガンを持ちすぎてしまう傾向にあり、他にも数着あるので、他のものを厳選する必要があるかもしれません。

アーバンリサーチ ベージュの9分丈パンツ

元・仕事着です。
元、となった理由は後ほど書きます。
買った理由は、またまた「必要に迫られて」です。
他の仕事着と同じ理由で、同じ時期に買いました。
…なので、もし私に「きちんとした服」が必要なかったら、今回の仕事着5着は、買っていなかったかもしれません。
飛行機移動の出張で、スカートだと面倒なので、楽できちんとしたパンツを探して買いました。
「スーツじゃないきちんとした服」を買うことが初めてなので、ことパンツ探しは苦労したことを覚えています。
私は下半身が太く、脚が短いので、脚の形の出るパンツはかなり難しいのですが、このパンツは素材が気持ちよく、脚の形も出すぎず、だぼっとしすぎず、丈も直しがいらなかったのです。
色もよく、今回購入した仕事着の中で一番気に入っていたのですが…
履いた初日に、駅ですっころんで、膝をすりむいてしまいました…
慣れないヒールを履いていたせいで足がボロボロだったうえに、お気に入りのパンツまで傷つけてしまい、本当にショックで悲しかったです。
というわけで、今は仕事着から普段着になっています。
リフォーム専門店でかけつぎの値段を聞きに行ったりしましたが、この布地だとかけつぎしても綺麗になりませんと言われて、あきらめました。
言われなければわからないほどの傷なので、普段着として活用しています。
クセの無いパンツなので、どんなものを合わせてもだいたい合います。

こちらも持ち越し「アリ」です。
ベーシックなパンツはオールシーズン使えそうです。
せっかくいいもの、気に入るものを手に入れたので、傷はついてしまいましたが、大事に活躍させようと思います。

アーバンリサーチ 紺の9分丈パンツ

仕事着です。
前述のベージュのパンツを傷つけてしまったので、同じものを色違いで買いました。
買った理由は、もちろん「必要に迫られて」です。
紺色なので、よりきちんと感が出ています。
着心地は、ベージュのパンツでわかっていたので、迷いなく買いました。
同じものを、自分の不注意で2枚も買うことになるなんて…と、当時すごく落ち込みました。
でも、考えようによっては、ものすごく苦労して探してやっとお気に入りのパンツに巡り合えたのだから、ここでそれを2枚も手に入れることができるという幸運だった、とも言えます。
思い切りの悪い私が同じものを2回買うことなんてそうそうないチャンスだったと思います。
私の大学時代、気に入った服があると、色で迷って決められないのでどちらの色も買う、という先輩がいました。
当時は「お金持ちだからなあ」と少しあきれていたのですが、よく考えるととても賢い買い方かもしれませんね。
そういった意味では今回の出来事は勉強になりました。
ジョブズのように、同じものを何枚もそろえるというのは、情報としては知っていても、自分で体験するには勇気がいります。それを体験するいい機会だったと思います。

こちらも持ち越し「アリ」です。
品質を保つために普段はあまり着ませんが、きちんとした服を着る機会にはどんどん活用したいと思います。

6着を振り返って:服へのモチベーションなど

買った服が少ないので、買ったときの理由や使用頻度、残すか手放すかといった振り返りが簡単で驚いています。
以前もっとたくさん買っていた時は、どれも気に入って買ったと思っていても、これだけ明確に思い出せませんでした。
これとは別に、着なくなった服を手放しているので、今年、服の総数はかなり絞られました。
今年は酷暑で、夏に着たいと思える服がかなり絞られました。
そのおかげもあり、夏にはほとんどの普段着を、ハンガーラック2/3ほどにかけたまま、たたむことなくそのスペースだけで収納することができました。
暑くて余計なことを一切したくなくなったので、管理の手間が省けてとてもよかったです。

また、洋服代がほとんどかかりませんでした。
仕事着は色々あって4着買いましたが、今後「数をそろえたい」と思わなければ、もうしばらく買う必要はなさそうです。
さて、数年前まで洋服代数十万円だった私が今年の春夏、たった6着だった理由ですが、特に「決意した」というわけではありません。
単純にお金がないからです。
消極的な理由です。
だから、正直なところ、生活を丁寧にできるようになったなとか、洋服を自分の基準で選べるようになったなとか、衝動買いがなくなってよかったなとか、あまりうれしい気持ちはわいてきません。
ただ、ほっとしています。
服をそんなに買わなくても、生きていけることがわかったからです。
私は服が好きだったので、お金がなくなってしまった今年、洋服を買えなかったらどんなに悲惨な気持ちになるだろう、と思っていました。
実際に服をたくさん買えなくなってずいぶん経ちますが、特に落ち込みません。
服を買えなくなるって、私にとってその程度だったんだと身をもって体験できて、よかったです。

ただ、洋服を見なくなったことで、わくわくしたり、テンションが上がることは少なくなりました。
私は、今まで洋服について考えることでこんなにわくわくしていたんだなあと気づいたことも、また収穫でした。

落ち込みはしないけれど、わくわくも減った。
それが正直な感想です。
ただ、また元通りお金を洋服にかけて、数を増やして、わくわくしたいかと言われると、そうではありません。
服を買わないことで、かなりの思考と場所の節約になり、そのメリットを強く感じました。
そちらが私の中で勝ちました。
もし自由に使えるお金が増えたとしても、私は少ない服で暮らしたいし、服にかける思考も少なくしておきたい、と現時点では思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

【白身魚】お店の料理が美味しかったので、ずぼら流で真似してみた

お友達と食べに行ったお店の料理が美味しかったので、家でも真似できないかと思ってやってみました。

お店のと、自分で作ったものを比べると、全然違うのでなんかちょっと恥ずかしいんですけど、それなりに美味しくできたんですよ。
まぁ、作った、なんて言えないほどに簡単にしてしまいましたが…


お店で食べた料理。
白身魚の下にキノコが数種類敷いてあって、トマトと、多分ビスクソースを合わせてある、と思います。
グルメじゃないから、当たってるかはわかりません…

こちらの料理が美味しくて。
淡白な白身魚とキノコに濃厚なソースが合うー。
真っ先に浮かんだのは夫の顔です。
夫は魚嫌いで、白身魚は食べたがらないのですが、これなら食べることができそうだと思いました。


早速作っていきます。
まずはキノコを炒めて皿に乗せます。

その上に、焼いた魚を乗せます。
塩胡椒しました。
スーパーで鯛が値引きされてたのをゲット。

トマトを適当に切って乗せます。

ビスクソースなんて作らない。市販のパスタソースの登場です。

ソースをかけて、彩りにバジルを散らして終わり。

夫がおいしいと言って食べてくれたので満足です。
お店の味とは違いましたが、作ってみたら簡単で見栄えもまあまあでこれはこれで美味しかったので、たまに作ってます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

【プレゼントにも】おしゃれが大好きな夫のお気に入り靴下

こういう文章を書くときの、配偶者をどう呼ぶか問題、わりとありませんか?
私は長らく「旦那さん」と主に呼んで(書いて)いたんですが、いつもいつも「何かしっくりくる呼び方はないのか…」とモヤモヤしております。

「主人」と書いてみたこともあるんですが、なんかムカつくんですよね~。
(ちなみにリアルでは「うちの旦那」呼びです。私の周りはだいたいそう)

今回は「夫」で行きたいと思います。

さて、私の夫は私の100倍はおしゃれが好きで、ついでにアロマも好きで、文房具も好きで、柴犬が好きで、可愛いものが好きです。
私たち夫婦は性別を逆にした方が今の日本ではしっくりと生活できたように思います。
洋服選び本当に大変そうなんですよ、女性ものより圧倒的に男性ものが少ないですからね。

それで、夫の持ち物にはこだわりが詰まっているので、夫の使っているモノにはオススメできるものが多いんですよね。
今日、リピ買いしている「ウールの靴下」をおろしました。

定番のチェック柄。
ウール混であたたかかく、柄も冬っぽくて、夫のお気に入りです。
去年のものは、ワンシーズンでかかとが擦り切れるほど履いていました。
今年も無事手に入って一安心。
靴下屋さんのもので、1200円です。

男性へのクリスマスプレゼントにもいいのでは、と思います。


おまけ。

夫の夏のお気に入りの靴下たち。
柄がかわいいです。
ワンポイントのは、フラガール柄です。
これも全部靴下屋さん。
お世話になっています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

トマト煮にたどり着かないことが、よくある

はちさんの料理記事をみると、いつも真似してつくりたくなってどうしようもなくなってしまいます。
この日は「トマトと鶏肉のなんか」で、とっても食べたくなったので食材を買って夕食に作ることにしました。
(別の記事で、はちさんがゲストハウスでつくってた茄子のあげびたしがあったと思うんだけど、見つけられませんでしたwあれすごく食べたいです。)

結論を言うと、トマト煮にたどり着かず、できたのは「豆乳で煮たなんか」でした。

原因は、まさかのトマト缶を買い忘れたこと…

実はわたし、これをよくやるんです。
突然「今日は絶対にトマト煮が食べたい」という時がたまに来るのですが、だいたいトマト缶だけを買い忘れます。
だから、最高のタイミングでトマト煮にありつけることが、あまりない。
困るのが私だけだから、最近はいつも心の中で一人静かにめっちゃウケてます。 もう笑うしかない。

この日はブロッコリーが安かったので購入しており、冷蔵庫にあった豆乳と小松菜を入れたのでもうトマト煮からはだいぶ遠くへ来てしまいました。
それでも、何とかなったし、美味しかったから、大丈夫、元気です。

という、トマト煮にはなかなかたどり着けないっていうだけの話でした。
こういうこと、よくあるよね?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村