いっぽいっぽ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

ご飯を効率よく作りたい

こんにちは。

やまたろうです。


私は一般的な家事があまり得意ではありません。
というか、最近になってやっと気づいたんですが、
私は、人より動作が遅いです(そして気づくのも遅い…)。

この春からスポーツジムに通っています。
そこのお風呂で体を洗ったり、ドライヤーで髪を乾かしたりしていて、
気づくと、私より後に来た人がみんないなくなってたりするんです。
は、はやい…!!
更に私なんて、めんどくさいからメイク落とし・顔・からだ・髪 全部おなじ石鹸で洗ってるし、
ドライヤーする鏡の前でも、オールインワンの化粧水塗って、髪も何もつけずに乾かしているだけなんですよ。
化粧なんてしない、なんなら髪だって乾かすのに疲れて生乾きでそのまま束ねて帰る。
なのに、他の方は、お風呂では、メイク落としに洗顔、トリートメント、パック、角質ケア。
鏡の前では、たくさんの基礎化粧品を並べて、髪をセットして化粧までしてる。
それなのに、気が付くと私以外、メンバーフルチェンジですから。
これはもう、他の方が早いというより私がのろくて要領が悪いのを認めざるを得ないです。
ジムに行くようになって、軽くへこみました。
旦那さんも一緒に行ってるんですが、当然私より早くお風呂から出るのでいつも待ってくれてるんですけど、
昨日、普段どのくらい待ってるのか尋ねたところ…

40分

ですってよ!!
私!どんだけ遅い!!!

最近はのろさを自覚して、「早く風呂済ませる」をジムの最優先事項として頑張っています。
完全にジムへ行く目的がおかしくなっています。
なので、まあ待ち時間20分無いくらいらしいです。


前置きが長くなりましたが、もはや家事が得意不得意とかそんなの超える問題になってますが、
とりあえず、そんな私だからこそ、「食事の用意」は鬼門です。
(それでも、掃除洗濯よりはまだ、やればできる方…と思いたい…)

前述にもありましたように、平日の夜にジムまで詰め込んでいる状態なので、
状況は切迫しています。
ジムに行きだして、夫婦二人の健康はなんとかできるかもしれませんが、
食事事情は一時期本当にひどく、よくケンカ、というか食事のことで重苦しい雰囲気になっていました。

単純に、いままで仕事の後、食事を用意する時間にあてていたものをジムにあてているので、
そうすると私は食事を作らなくなるんです。というか、なにしろ要領が悪いので、
「作るぐらいだったら外食でさっとすませて早く寝たい」になってしまうのです。
こうなると、ジムに行ってやせて、外食で太る、ってそれ意味あんのかよ!!てなります(当然)
そしてお金もかかるし毎回外食内容を考えるのもつらい。


だからやっと、食事をいかに手間と時間をかけずに用意するか。
これを真剣に考えていまして。
とりあえず今のとこうまくいってる方法を書いておきます。

・大量に作る
・野菜を前日にカットしておく
・単品で出すだけで1品になる食材を買っておく
・肉ときのこは小分けにして冷凍しておく

です。
普通です。普通の主婦はやっていることだと思います。
ごめんなさい、私はそれすらできてませんでした。

・大量に作る
単純に、次の日の分もふくめて大量に作る作戦。
ただし2日同じメニューです。旦那さんがうるさくなくてよかった。

・野菜を前日にカットしておく
サラダや野菜をプラスすればすぐできる「八宝菜の元」「肉団子の甘酢炒めの元」などに
最近頼っています。前の日野菜を切るときについでにあれこれ切っておけば、
次の日包丁を使わないだけで、料理が早い・洗い物が少ないので楽です。
カットキャベツ最強。

・単品で出すだけで1品になる食材を買っておく
豆腐、ハム、チーズ、ミニトマト、なっとう、オクラなど、
冷蔵庫から出す→皿に乗せる で即食べられるものを買っています。
あと、ゆで卵を大量にゆでておきます。おいしいし1個で栄養とれる。

・肉ときのこは小分けにして冷凍しておく
物足りない、メインがないときに、豚こま・鶏ももを小分けで冷凍しておくと
非常に助かります。
先ほどの「前日カット野菜」をプラスすれば何か必ず作れますし、
肉だけでも、生姜焼きとか塩焼きとか照り焼きとか、3種類はすぐできる!
そして、地味にキノコも重宝します。
ポン酢で炒めてうまい、汁ものの具になる、カロリー控えめ。


以上、ここに書いてみることで、改めてメリットを自分で確認しました。
そして、私に予想もしなかったうれしい副作用が。
それは、

「お弁当を作るようになった」

ということ!!

これは自分でもびっくりですが、料理を作らず外食三昧の時の方が時間があるはずなのに、
料理の時短のためにあれやこれや最低限!!と思って時間さいてやってる今、なんと、
朝お弁当までつくれるようになってしまいました。
原因は「料理のハードルが下がった」ことみたいです。
時短のためにいろいろ用意しておくと、料理が余ったりして翌日のお弁当にできることがあります。
レタスなどを切ってタッパーに詰めておくので、お弁当の緑にすぐ使えます。
料理しなくてもいいハムやウインナーも常備されているので、朝卵焼きさえ焼けば何とかなる日ができました。

そして、それは「使用する調理器具が少ない(出す手間・使う手間・洗う手間・しまう手間がない)」
ことにつながります。
だから、「今日の料理はそんな大変じゃない」と思える日が増えた。
これです。自分が大変に感じなくなったから、お弁当も大変じゃなくなった。
私はめんどくさがりだから、「手間がない」がかなり効いたようです。
洗ったりしまったりを、あんまりしなくていい。
やりたくなくて旦那さんがやってくれるのに甘えなくてもよくなる。
(作るのはできるけど、旦那さんの「洗い物は俺がやるから」に甘えてだんだん頼るのが普通になって
旦那さんが苦痛になって「今日外で食べよう」パターンもよくやってました。
それで今度は外食が普通になってずるずる…でもこれじゃだめだよ! のループ。だめ嫁)


そんな感じで、
のちのち絶対楽なので、これからもサボらず、心と体の平穏のため
続けたいと思います。


そんな、我が家の料理事情のお話でした。


より効率的な方法で自分が楽になったら、
また改めてやりかたを更新していきたいと思います。