いっぽいっぽ日記

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

糖質制限で迎えた初めての冬

こんにちは、やまたろうです。

ひさびさに、糖質制限ネタでも。

旦那さんの糖尿病治療はおおかた順調です。
ただ糖質制限だけでは血糖値が落ちなくなったので、現在はお薬を使用しています。
この辺はまた、まとめなければなあ。

スーパー糖質制限で迎えた初めての冬

旦那さんが糖尿病と診断されたのが5月の連休あたり、それからスーパー糖質制限を夫婦で初めて、初めて迎える冬でした。

結果的に言うととても健康に過ごせました。

風邪をひかなかった

うつ病があったり、仕事が忙しかったりすると、免疫力が低下します。
風邪やインフルエンザが心配でしたが、今年は夫婦とも、一度も風邪やインフルエンザにかかりませんでした。
まあわたしはもともと体が強いので糖質制限のおかげなのかわかりませんが、旦那さんは体が弱いので、糖質制限のおかげで無事乗り越えられたのかなと思います。
それか、2年前から飲んでいるマルチビタミンサプリメントのおかげかもしれません。

副鼻腔炎にならなかった

数年前に旦那さんが副鼻腔炎になり、だいたい冬になると毎回耳鼻科に通って治療していました。
それが今年は発症しませんでした。
やったね!
昨年の冬との違いは、糖質制限以外何もないので、糖質制限のおかげだと思います。

ひどいうつ状態がなかった

これは糖質制限だけのおかげではないかもしれませんが、糖質を摂らないことによる激しい血糖値の変動がないことは、急激な気分の落ち込みや眠気、イライラなどがないということになります。
冬は「冬季うつ」という病気があるくらい、うつ病にとっては良くない時期ですが、今年の冬はそんなにひどい落ち方をしなかったです。
それどころか、日中起きて外出できたりしていましたので、近年では調子のよい方だったのではないかと思います。

太らなかった

最近体重計に乗っても、寒すぎてセンサーが反応してくれなくてあんまり測っていませんが(;‘∀’)糖質制限を始めて体重が落ちてから、太っていません。冬になると動かないし、あったかい食べ物がおいしくてついつい食べ過ぎて、太っていましたが、今年はそういうことがありませんでした。
旦那さんの方は、飲み始めた薬のおかげもあり、さらに最近痩せました。

以上、ざっくりとではありますが、我が家がスーパー糖質制限を始めて迎えた初めての冬の状況です。

うちはけっこうガチガチに制限してますが、そうまでしなくても、食べ順を変えたり、量を控えたりするだけでも効果があると、糖尿病でお世話になっている病院の院長先生もおっしゃっていました!

あと数か月で、スーパー糖質制限を始めて一年。
今ではすっかりこの生活が当たり前になりました。
今年も健康で過ごせるよう、食事には気を使っていきたいです。

・読み物としてとても面白いです。人類の歴史の中で炭水化物を食べるようになったのはほんとに最近のこと。例えばパンダはなぜササを主食にしたのか?とか、飲み過ぎて戻したもののなかに肉がないのはなぜ?とか、そういった小ネタも興味深いです。タイトルで毛嫌いせずぜひ読んでいただきたいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村