いっぽいっぽ日記

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

今後10年のファッションの方向性を考えて決めた3つのこと

こんにちは、やまたろうです。
4月になり、桜が咲き、あっという間に散っていこうとしています。
まだ肌寒い日もありますが、冬物のコートやセーターはクリーニングに出して、気持ちは春夏へ向かって走り出しています。
3月に35歳の誕生日を迎えてから、多少の体調のアップダウンはあるものの、気持ちがだいたい安定し、全体的に落ち着いた日々を送っています。

お花見行ってきました!霧雨降ってたけどきれいでした。実は一番のお目当ては屋台「manucoffe」の桜ブレンド!花よりコーヒー(笑)。でもでも、やっぱりザ・花見スポットの桜は圧巻でした…来年はコーヒーが無くても行こう。旦那はコーヒーが無ければ行かないとのことなので、職場か友達の女同士で行こう(そっちの方が楽しそう)。

これからの10年のファッションについて考えてみた

春になるとファッションについて色々考えてしまって、それが楽しくて楽しくて、3月下旬は誕生月、を言い訳に、色々と買ってしまいました。
4月はもう買うまい。たぶん←

手持ちの服が似合わなくなったと感じたときの記事(骨格診断)→【骨格診断】好きな服=似合う服ではない事実。好みで選んでいた手持ちの服に無理が来てます - いっぽいっぽ日記
30代前半を振り返って、これからの洋服選びが楽しくなりそうだと感じ始めたときの記事→30代半ばで思うこと。30代は精神的に楽になる。 - いっぽいっぽ日記

30代に入ってから徐々に、洋服との向き合い方を改めて考える必要性を感じていました。
最初は、今まで着ていた服たちがどんどんしっくりこなくなって行くことにとてもショックを受けたけど、あらたなステージ、大人の服選びの段階に入ったのかな、流行りを無理して取り入れなくてもよくなるのかなと思ったら、だんだん、これからの洋服について考えるのが楽しくなってきました!

私はわりと飽き性なので、いろんなテイストの服を試してきました。また、それに輪をかけて、周りの目を気にしていたので、「ファッションの軸」と言えるものがはっきりしていません。

でもそれも、いい加減終わりにしたいと思います。
洋服について考えるのは楽しいけれど、軸の無い状態でふらふらするのは私の本当に望んでいることではありませんでした。

私の軸って何だろう、好きなファッションって何だろう。
自分の中でやっと、ファッションでも大人の余裕について考える段階に来ました。
とはいっても私は自分のことをそんなにわかっていないし、これから先「絶対このカンジで生きていく!」というモノはまだまだ考えられません。
なので、今は、「35~45歳」の10年間、その中でファッションで実現したいことに絞って考えました。

①定番を10年選手に、流行をファストファッション

・自分の中で「定番にする」と決めたアイテムについては、ある程度の品質のものを手に入れて、今後10年使用し続ける
・流行の中で、好みと体型に一致したものは、ファストファッションで取り入れる

昔から言われていることだと思いますが、まずはこの、基本中の基本ともいえる部分を一番大事に考えようと思います。

自分の中で何を定番とするかは、人それぞれ違うと思います。
こればかりは、今はっきりと決めることが難しいです。
だから、これから10年かけて、ゆっくりじっくり考えていこうと思うのです。

そして、流行りに流されまいと思いつつ、でもやっぱり店頭の旬なお洋服はかわいく見えてしまう…
そんな自分も認めてしまって、やってみたいと思ったトレンドの恰好は、プチプラで取り入れたいと思います。
私は自称ウエーブ体型で、いわゆる定番服で全身固めてしまうと、とっても地味になってしまうのです。
流行のものを適度に取り入れると自分の気持ちがイキイキしてくるのを感じます。そして、女性同士の会話がとっても弾むのです!これは、ある流行りのトップスを会社に着て行ったときに実感しました。めちゃくちゃ褒められるのです。
褒められるばかりを求めすぎるとそれはそれで苦しくなると思いますが、自分がかわいいと思って取り入れたスタイルを共有できるととっても楽しいです。
無ければ無くてもいいけど、時々気分を上げてくれるコーピングの1種として、お手頃価格で取り入れていきたいと思います。

②いいなと思ったら安いものでトライ!心地よければアップグレードする

さて、「マイ定番」は上記の項目でも書いた通り、すぐに決められるものではないです。
その足掛かりとして、「気になったらお手頃価格のものを使ってみる→使用頻度が高ければ定番に格上げする」という方法を採用します。
例えば、私はここ最近、楽ちんを最重要項目としてスニーカーばかり履いていました。
だけども、これからの服装や、なりたいイメージ、好きなテイストを突き詰めていくと、どうもスニーカーですべてが満たされるわけではなさそうだ、となりました。
とはいえ、靴は身に着けるものの中でも一番難しいと思うのです。値段の高い靴を買っても、履き心地が全然合わない、持ち服との相性が良くない、といったことが起こるからです。
その場合、お手頃な価格で一度試して、自分の生活の中に取り入れられそうか試すのがいいなとなりました。
早速、安い靴を買って試してみているところですが、今のところ大正解です。
どんな服に合うかとか、どの色が使えるとか、今持っている靴下がすべて合わないとか、歩きやすいとか、先端は気を付けないとすぐ傷がつくとか、足の形が思いのほか出るとか…とにかく、試してみてわかることがたくさんありました。
今、その靴をとても気に入っていますが、やはり作りが「お値段なり」なので、早々に寿命が来そうです。
もうしばらくこの靴を使ってみて、自分にとっての「10年選手」に迎えるかどうか、判断したいと思っています。

また、冬の間はあまり出番がありませんでしたが、昨年から「スキンジュエリー」を試しています。
途中、なくしたり壊したり、トラブルがありました。
これも、「いいな」と思ったものを安価で試してみたからこそ体験できたことです。
自分に毎日つけるクセがつくか、手入れができるか、自分のなりたいイメージと一致するか…試してみてわかったことが多くありました。
こちらについては、「いつかは納得のいくものを手に入れる」と決めましたので、それに向かって購入計画を立てようと思います。

③好きで似合うものしか着ない買わない

とてもとても考えたのですが、私はやっぱり「似合うもの」<「好きなもの」なのです。
でも、好きなものを着て、鏡を見てがっかりするのも嫌なのです。
だとすれば答えは一つです。「好きで似合うものしか着ない・買わない」。
まず好きなスタイルがあって、それに対して、似合う色・素材・丈・形を吟味しようと思います。
「似合うもの」だけについて考えている時は、苦痛で仕方ありませんでした。
なので、いったん思考を自由にして、「好きなスタイル」を肯定して、そこから、できるだけ似合うように色や素材を自分に寄せていくことにしようと思いました。

まず、なりたいイメージを思い浮かべて、それに必要な服を試着して、似合わなかったらその服は買わないことにしました。
今そのスタイルにならなくたって、死ぬわけではありません。
なにしろ私の「10年ファッションの探求」は今始まったばかりです。
心も体も満たされるものへの出会いは、いつかやってくると思います。
ファッションは人生のすべてではないけれど、人生を彩る素敵な道具です。

最終目標は、「ファッションについて何も考えないこと」

ゆくゆくは、この、楽しいけれど悩ましい、ファッションについて考える時間を減らしていきたい。
ファッションに依存しない生き方の似合う人になりたい。
そのために、「無頓着になる」「考えないようにする」のではなくて、「真剣に向き合って、自然とファッションに悩まない自分へ近づいていきたい」と考えています。

人気ブロガーmuccoさんが30代に向けたファッション記事がとってもよかった

ケチケチ贅沢日記というブログを書かれている人気ブロガーmuccoさん。
ファッションやライフスタイルにビシっと1本筋が通っていて、見ていてとても気持ちがいいので、ブログを定期的に拝見しています。
そのmuccoさんが、michill(ミチル)というサイトに寄稿されている記事がどれも素敵でした。
はたらく女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、信頼できる情報・ノウハウ・コツを提案する生活情報サイトmichill(ミチル):muccoさんの記事一覧 だって連載のタイトルが「40代が待っている!」ですからね。
今の私にドンピシャでささりまくりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村