いっぽいっぽ日記

いっぽいっぽ日記

日々シンプルに心地よく過ごすために、やってみたこと、思ったこと。

follow us in feedly

手軽に記録の楽しさを味わおう。オススメアプリ「10年日記」

こんにちは、やまたろうです。

この週末は土日共に非常にアクティブに動くことができて(自分比)とっても満足しています。
私は体の周期にかなり振り回されているようで、ホルモンの影響で今はとっても思考がクリア、落ち着いていて、行動も割と理論的で好奇心も旺盛です。
これがもうすぐ停滞期に入ってくると思うと…とっても憂鬱です~。
まず体が重くなるし、思考もイライラそわそわしだすし、ネガティブになるし、寝ても寝ても眠いし食欲が暴走してどんどん太る。

でも、そういう「体と心の停滞期」がホルモンのせいで強制的にやってくることって、体と心のためにはいいことなのかも、と、最近少し思っています。
体が動けるばかりだと、休息に意識が向かなくなるんです、私。
そんなんだから、ホルモンさんが私を強制的にスリープまたはシャットダウンさせにかかるんだな~と解釈しています。
停滞期という名の休息期と捉えよう。というのんきなどうでもいい話でした。

手軽に記録を残したいと思って1年前に始めたこと

さて、私は自他ともに認める記憶力の悪さがあるのですが、自分だけならそれでも生きていけるけど、相手があることだと「忘れていた」では済まされないことがありますよね。
それに、確かにあの日あの場所であの人ととても楽しい時を過ごしたんだけど、悲しいかな数年後にはきれいに忘れている…ってこともあるもんだから、もう私の記憶のバケツはどんだけ小さいんだよと思って悲しくなります。
(けっこうデートの記憶もあいまいになってたりする…旦那さんなんて、ドライブ中のとあるドラッグストアを通っただけで「あの時○○のことでケンカになって、○○に行こうとしていたのにここの駐車場でUターンして帰ったよね~」とか軽く言うんですけど「そうだね~アハハ」って言いながらすっかり忘れていて冷や汗かいてますわたし…)

そういう過去の出来事や、その時感じた気持ちなんかを、手軽に記録して思い出すことはできないかな~と感じていた1年前。

ちょうどそのころ、「10年日記帳」というとっても魅力的な文具があることを知りました。 こんなの↓

重厚な表紙、ときめきますね~~~~

テンション上がって当時色々な10年日記帳を手に取りました。

しかし、お値段も安くはない。
そして、私はとっても飽き性です。
「ちょっとやってみたいだけ」のものを増やすべきか…とっても迷いました。

そこで、この「10年日記帳」のように、手軽に書けて、何年も前のことを気軽に振り返ることができる記録アプリは無いかな?と思いました。

そして選んだのが、アプリ「10年日記」です。

日記帳 - 10年日記

日記帳 - 10年日記

  • LiuMing
  • ライフスタイル
  • 無料

「10年日記」は手軽で楽しい!

このアプリのいいところは以下の通り。

・無料
・手軽に持ち運べる(スマホなので)
・思いついたらすぐ書ける
・別に日記帳を持たなくていい
・写真が添付できる
・1年前、2年前などの記録を簡単に閲覧できる

とにかく「手軽」の一言に尽きる!!
スマホにカメラが付いたのと同じくらい、スマホに日記が入るって素晴らしいと思いました。
ツイッターやインスタと同じ感覚で、今記録しておきたいことをササーっと書いて、写真を添付できます。
長い文章も書けるけど、一覧で表示される行数が5行なので、私はほぼ5行で済ませます。 また、アプリならではで、スマホの写真をぱっと添付できるのがいいです。紙の日記帳に写真なんて添付しないですから!

それで、しばらくすると、やっぱり私、飽きてるんですよね(笑)。しばらくなーーーんにも書いてなかったりする。
そうなると、紙の日記帳の場合、空白のページが無言の圧力になり、さらに開くのが面倒になってくるのですが…アプリなら、また思いついて書こうと思える、ハードルが低く感じます。
私は「書かなくちゃ」という気負いを全く感じなかったので、逆に細々と続けることができたと思います。
なんかこう…モノとして日記帳があるとね…もう2・3日手に取らなかったら、無いものと同じになりそうでね…視界に入っても脳が認識したくなくなるというか…そういうとこあるから…

そんな私でも、やっと1年経過したところ。このアプリは紙の10年日記のように、○年前の同じ日に何を書いていたか、1画面で見ることができるので、これが結構楽しい!
「うわあ、1年前のこの時期めっちゃ夫婦でもめてたw」とか、「あ!1年前の同じ日に、今日会った同じ子と食事に行ってる!!」とか、「うわっ、私去年もこの時期にミント買って植えてたんだ…(早速枯らして記憶になかった…)」とか、ほっとんど覚えてなくて逆に楽しいです。

ブログも、私は自分の考え方ややったことの記録として、日記のように使っていますが、やっぱりプライベートなこととかちょっとしたことの記録などはオフラインの日記が便利です。
お子さんの成長記録、資格取得の記録、ご飯の記録、体調の記録、使い方次第で色々と楽しめそうなアプリです。
私のように、続くか心配な飽き性の方には強くオススメしたいです。




忘れっぽい私の救世主アプリ記事もどうぞ~↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村